前へ
次へ

離婚裁判は費用がかかりますが

離婚裁判に訴えをするということには収入印紙の購入などが必要になります。離婚の有無だけであれば13000円程度ですが財産分与とか養育費請求、慰謝料請求などをするというのであれば追加でいくらか必要になります。また、慰謝料の金額によってはさらに必要になることもあります。色々と書類も離婚裁判の提訴のときには必要になりますし、実は自分だけで開くということもできたりするのですが基本的には弁護士に依頼した方が良いと言われています。そちらのほうが圧倒的によいです。自分で書類などを手に入れる、用意する必要性がなくなりますし、代理人ですから代理で主張をしてもらうということが正当に行うことができるようになります。雄弁である必要性はないですが主張するところはしっかりと主張して、その根拠などを示す必要性が裁判ではあるわけですから、これはかなりしっかりとやらないといけないので大変なのですが弁護士に依頼すれば代行してもらうことができるわけです。

Page Top