前へ
次へ

離婚裁判を行うメリットと注意点

離婚裁判の大きなメリットとして強制的に離婚が成立する点が挙げられます。当事者同士の話し合いである離婚調停では双方の同意が無ければ離婚は成立しません。片方が離婚を望んでいてももう片方が拒めば離婚することは不可能です。その点、離婚裁判で判決が下れば本人の考えとは無関係に離婚が成立します。養育費を払いたくない、親権を手放したくないなどの理由で離婚を拒む相手に対し、法律上の根拠に基づいて強制的に離婚することができます。離婚できる可能性が高いのが裁判を起こすメリットですが、その一方で多額の出費がかかるうえに時間を取られてしまう点を注意しなければいけません。裁判を行うには弁護士を通して手続きを行いますが、弁護士への訴訟依頼が大きな出費になります。また、裁判になれば出廷して証言しなければいけないので仕事に就いている人にとっては手間になってしまいます。裁判は基本的に公開されるものであることも注意点のひとつです。プライバシーを保てず、自分が離婚裁判を起こしていることを知人に知られる可能性があります。裁判はメリットがある反面、デメリットもあることを正しく認識しなければいけません。

Page Top