前へ
次へ

離婚裁判にはどんなことに注意点があるのか

日本の離婚に関する栽培というのは調停前置主義となっています。これは家事事件手続法第257条に規定があります。ものすごく簡単に入ってしまいますと離婚調停が行える事件に関しては家庭裁判所の家事調停の申し立てでやることということが決まっているということです。つまりは離婚裁判は離婚調停ができる状態であればまずそれを先にやることということになっているわけです。いきなり離婚裁判に提訴することができない、ということになっています。さて、いざ離婚裁判を起こすということになりますと色々と書類を用意しなければならないということにもなっています。まず離婚裁判の訴状が2部、離婚調停不成立調書も作る必要性がありますし、夫婦それぞれの戸籍謄本とコピーなどが求められます。これらは自分でやっても一向に問題のないことですが基本的には弁護士に依頼して全て任せてしまうというのが最も手っ取り早いでしょう。費用はかかりますが代理人としての話をしてもらうことも可能です。

Page Top