前へ
次へ

離婚裁判の協議離婚の意義とは

夫婦の仲が悪くなり、離婚をしなければいけない時に離婚裁判になる事がありますが、基本的には協議離婚で完結する事が多いです。協議離婚はネーミングの通りに協議を行ってから、離婚を決定していきますが、当事者間で合意をして届出をすれば離婚が成立します。日本での離婚では一番多く利用されていますが、協議離婚の場合は離婚届に離婚の理由を書く必要が無いので、何故離婚をしたのかを第三者に知られるリスクが少ない魅力があります。協議離婚をする場合は、夫婦のお互いの離婚意思が必要になるので、夫婦の何方か一方に離婚の意思が無い場合は、行う事ができません。一方的に離婚届を出された場合は、離婚届不受理申出制度が設けられています。仮に虚偽の説明や脅迫行為によって本意ではなく離婚させられた者は、婚姻の取り消しを家庭裁判所に請求する事ができます。しかし取消権は当事者が詐欺を発見したか脅迫を免れた後から3カ月を経過するか、追認をした時は消滅するので、注意が必要です。離婚裁判は費用負担等も多くなるので、協議離婚を選択した方が、安上がりです。

Page Top