前へ
次へ

離婚裁判は相手が同意しなくても離婚可能な方法

離婚は当事者双方の同意があって初めて成立します。離婚協議と呼ばれる話し合いの場でお互いに同意することで離婚への手続きが行われますが、どちらか一方が拒否すると離婚には至りません。話し合いがこじれるといつまで経っても離婚ができず、疲労やストレスが溜まってします。そのような状況を避け、離婚を早期に成立させるための方法として離婚裁判があります。裁判の結果、離婚が成立すると本人の意思に関係なく夫婦関係は解消されるので離婚できずに困るという事態にはなりません。離婚裁判の結果は法的な強制力があるので本人が拒否しても夫婦ではなくなります。しかし、裁判になっても必ず離婚に至るとは限りません。十分な証拠がなければ離婚が成立せずに終わってしまうことがあります。なぜ裁判を起こしてまで離婚を望むのか、原因は何かなどを明確に提示しなければいけません。また、弁護士も離婚案件に慣れている人を選ぶのが裁判を有利にすすめるための秘訣と言えます。

Page Top