前へ
次へ

離婚裁判を行うことにメリットがあるのか

日本では年齢に関係なく離婚を決意する夫婦が増えていて、数の増加と共に多くの問題を抱えるようになっています。それは離婚をすると婚姻関係が解消されるので夫婦が作った財産を分与したり、子供がいる場合にはどちらが親権を持つのかで揉めることがあるからです。一般的には双方が話し合いを行って離婚する協議離婚の過程でこのような問題を解消しますが、協議離婚では結論が出なかったり、婚姻が継続できない状況でありながら一方が離婚に同意しないというケースであり、このような場合には離婚裁判によって結果を求める方法が取られています。離婚裁判では当事者の間に裁判官がいて、双方の意見や客観的証拠から中立的な立場で最適な離婚を導いてくれます。離婚での財産分与は金銭的な問題なので時間をかけて解決することも可能ですが、子供の親権については早期に解決を求めなければ子供が傷付くだけです。離婚を決意すると人間は感情的になりやすくなり、冷静な判断が困難になるので離婚裁判のように関係者ではない第三者が間にいるのは緩衝材の役目を担うことができるため、停滞している話し合いを進めることができます。また、裁判官が下した判断には法的拘束力があり、納得していなくても受け入れなければいけないため、話を進めるためにおおきな役割を果たしてくれるでしょう。

Page Top