前へ
次へ

離婚裁判に相手が出ない時はそのままでいい

離婚を認めたくないという理由で相手方が離婚裁判に出廷しないという場合は、こちらから無理して出席させるなどの行為をする必要はありません。なぜなら、自分たちの意見だけが判断材料にすることができるからです。つまり、自分たちが優位な状態で裁判を展開することができるということになります。自分たちにも弁護士がいますから、専門家の指示に従って粛々と裁判を進めると、普通に有利になるということです。離婚裁判において相手への出廷要請は裁判所のほうが行いますので、こちらが気にする必要はありません。出廷要請があっても出席しないのであれば、相手方が欠席のまま判決が下されることになり、判決が確定すれば強制執行が可能です。相手が出廷しないからと言っても、離婚裁判でありますから、自分たちは法定離婚事由を満たすべくきちんとした事実に基づく証拠を出さないといけないことには変わりありません。証拠をしっかりと出すことで有利に進めることが可能になります。

Page Top