前へ
次へ

離婚裁判にはどんなことに注意点があるのか

日本の離婚に関する栽培というのは調停前置主義となっています。これは家事事件手続法第257条に規定があ

more

離婚裁判をスムーズに進めるための工夫

離婚裁判は長引くとそれだけ時間も出費も嵩みます。不仲になった配偶者と一刻も早く別れたいのに裁判が長引

more

離婚裁判は費用がかかりますが

離婚裁判に訴えをするということには収入印紙の購入などが必要になります。離婚の有無だけであれば1300

more

離婚裁判を戦うためには

お互いを認め合い、愛し合って結婚した男女でも、なんらかのきっかけで別れを選ぶこともあります。一般的には協議離婚の形をとりますので、親権や面会の回数などを取り決めておけば後でもめることは少ないですが、慰謝料やその他お金のやりとりが複雑化すると、取り分の関係でこじれたり、相手のことをないがしろにした対応をするケースもあります。こじれにこじれた場合、もはや協議離婚は成り立たなくなり離婚裁判をすることが一般的です。裁判所に間に立ってもらい、自分たちの主張を第三者に聞いてもらうことは、客観的に物事を眺めることにもなります。離婚裁判は勝つことが何より大事なので、どう戦うかが問題ですが、基本的には自分がいかに正当な理由で相手に要求をするか、自分に不利な状況を作らないかが焦点です。お互い相手のあらを探すような形になるため、人によってはいやになって早めに結論を出そうとすることもありますが、あまりに相手の言い分ばかりを飲んでしまうと自分にとって不利益な別れ方になるのは間違いありません。相手の主張も良く聞いて、それが理不尽でないかどうか、納得できる内容かを見極めておくのはとても大事です。法律に従って離婚裁判をする場合は、自分たちで決めたルールで別れる協議離婚よりも納得できない部分も出てくるのが普通です。しかし、何も決まらずにぐだぐだになるよりははるかにましで、別れた後に相手からごちゃごちゃ言われずに済みます。お互いが納得できる形で決着がつくのはまれですが、一応の結果は出ますので、それに従い生活を組みなおしていけば良いでしょう。自分がこれまで行ってきた家族へのサービスがここで物を言いますので、どれだけ貢献してきたかをできるだけわかりやすく主張することが大事です。浮気など自分の側に弱みがある場合は、甘んじてこれを受け止め、その上で相手方が過剰な要求をしてこないか注意して見る必要があります。これは今後の生活にも大きく関わってくるからです。

SDGs実践の第一人者が企業のSDGsの取り組みを支援します。企業の戦略立案・実行支援、問題解決のためのアドバイスを受けることができます。

スポーツ大会を開催する為の補助金・支援金を提供します

完全成果報酬型のWeb集客の代行サービス
実際のコントロールメディアの構築・運用だけでなく集客実績もある国内唯一の会社です。

おすすめのネット集客法を解説!|未来マーケティング
ネット集客なら少ない費用で始められますし、全国のユーザーへと同時に告知することも可能です。

Page Top